白蟻駆除依頼後に行ないたい!木造住宅でのシロアリ被害対策

シロアリの被害に遭わない木造住宅にするためには

木造住宅は必ずシロアリ被害を受けるというわけではありません。きちんとしたシロアリ対策を行なうことで、長く木造住宅で暮らすことができます。

シロアリ被害に遭わないようにするには

シロアリ対策は必要ですか?
シロアリは基本的に土の中を移動する虫です。気づかない内に敷地内に現れ、床下の木材を食害してしまうので、家の人がシロアリの侵入に気づくことは難しいのです。シロアリは例え駆除をしても、家の建材の多くが被害に遭うため、高額なリフォーム代を支払うこととなります。シロアリによる損害を防ぐには、なによりシロアリが住み着きにくい木造住宅にすることが重要なのです。

シロアリが好まない家にする

エサとなるものを排除する
家の周りに木材を放置するのは危険です。腐った木や湿った木材はシロアリにとって格好のエサとなります。外にある木材は雨によって大量の水分を吸収してしまうため、放置するとシロアリをおびき寄せてしまう可能性があります。庭に枯れた植木がある場合や、劣化したウッドデッキがある場合なども、シロアリがやってくる危険性があるため可能な限り排除しましょう。
棲みにくい環境にする
シロアリは湿気のある場所を好む性質があります。室内とは違い、換気をしにくい床下は湿気が溜まりやすく、シロアリが住み着きやすいのです。しかしこれは、逆にいえば乾燥している場所であれば、シロアリは住み着きにくいということを意味しています。床下に除湿剤を設置することや、定期的に清掃をすることで、床下の湿気を除去することができます。このような対策をすることで、木造住宅でもシロアリが住み着きにくい環境にすることができます。

保証サービスを利用しよう

白蟻駆除の業者の中には、施工後に一定の保証期間を設ける会社もあります。保証期間内であれば、定期的に点検を行なってくれるので、シロアリ被害が再発しているかどうかも調べてくれます。保証期間内であれば、無料でシロアリの点検をしてくれる業者もいるので、費用負担も掛からずに依頼することができるでしょう。

TOPボタン